未経験 エンジニア

未経験からエンジニアになれるの?

未経験からエンジニアになれるの?

当サイトでは未経験からエンジニアになる際にポイントになる事をご紹介しています。

エンジニアに向いている人

どの仕事にも向き・不向きはあります。

エンジニアにももちろん、向き・不向きはあり、企業が人選をしている時もこの向き・不向きが大きな判断材料になる事もあります。

未経験からの就職だと特のこの部分が重視される可能性があるので、求人にエントリーする際にはどんな人がエンジニアに向いているのかを把握しておいた方がいいでしょう。

年齢が若い

未経験からエンジニアになれる人の特徴でまず挙げられる事は、年齢が若いという事ですね。

最近のエンジニア求人を見てみると「既卒・第二新卒者歓迎」と記載されている求人を多く見る事ができます。

既卒・第二新卒者を歓迎しているという事は企業は若い世代の人材を欲しがっていると予測する事ができます。

実際に人材を募集している企業は人材募集を行う際、将来性がある20代前半のエントリー者を優遇する傾向にあるんですね。

エンジニアとしての知識が全くなくても年齢が若ければ教育して育てる時間があり、こういった部分では年齢が若い人の方が就職には有利ですね。

積極的に仕事を身に付けられる、仕事への意欲が高い

エンジニアにはプログラミングスキルがあるという事は必須です。

このプログラミングのスキル、そう簡単に習得できるスキルではないんですね。未経験からの就職となると覚えなければいけない事は非常に多いです。

また、IT業界の流れは早いです。次から次へと新しい知識や技術が誕生しているので仕事を覚えてからも常に新しい知識や技術を身に付ける事が必要です。

現役のエンジニアさんも日々、勉強しながら仕事をこなしているので積極的に仕事を身に付けられるという事はIT業界では必要になります。

企業も1日でも早く戦力になる事を願っているので未経験者には積極的に仕事を覚える事を求めてきますので、選考時に仕事への意欲が高い、積極的に仕事を覚える姿勢がある、という事をうまく伝える事ができれば採用をもらえる可能性も高くなりますよ。

体力と忍耐力がある

体力と忍耐力、エンジニアにとっては関係ないものだと思われますがエンジニアには体力と忍耐力は必須スキルになると言われています。

はっきりにいってエンジニアのお仕事は忙しいです。特に納期が迫っている時は残業は当たり前、会社に寝泊まりする事もあります。この時に体力と忍耐力が必要になってくるんですね。

また、未経験者の場合は入社後は人一倍努力しなければいけません。1日でも早く会社の戦力になるために積極的に仕事を覚えなければいけません。精神的な負担も多くありますが、忍耐強く乗り切らなければいけません。

選考時に体力がある事や忍耐力があるという事を面接官が見極めている事もあるので志望動機、自己PR、面接では精神的に弱い、諦めが早い、などの事を悟られないように注意しましょう。

保育士 転職に良い時期